PXを向上させる

​Improve PX

 

◤PX評価の活用レベル

 PXは評価して終わりではなく、医療の質向上のために、その結果を活用する必要があります。PX評価の活用レベルは以下の3つに分類されます。

  • Level 1

 PX評価の結果をスタッフで共有するのみ

  • Level 2

 PX評価でパフォーマンスが低かったスタッフや部門を対象とした質改善活動

  • Level 3

 PX評価に基づく、多職種・多部門が関わる医療機関全体の質改善活動

 Level 3が最も効果的であり、目標とすべき活用レベルです。


→詳細は参考文献1を参照

​◤キープロセスの同定

 PX評価の結果をもとに、改善に取り組むキープロセスを同定します。例えば以下のプロセスが候補になります。

  • 量的アプローチであるPXサーベイで他施設よりスコアが低値だった領域、自施設で経時的な低下がみられる領域、あるいはPriority Matrixで優先課題と特定された領域

  • 質的アプローチであるインタビューやエスノグラフィで特定された課題、あるいはPatient Journey Mappingで特定されたキープロセス


→詳細は参考文献2を参照

◤PX評価に基づく質改善手法①
Six Sigma

 元々はモトローラ社やGE社が展開した質改善手法です。医療機関の質改善にも活用されています。PXと相性の良い質改善手法です。

 Six Sigma のキーワード

  • VOC: Voice of Customer

 患者の声を最も重要視

  • CTQ: Critical to Quality

 VOCを基に質改善の方針を決定

  • SIPOC: Supplier, Input, Process, Output, Customer

 プロセスの明確化とメンバーの選定

  • DMAIC

 シックスシグマのコアツールであり、データ駆動型の改善サイクル

→詳細は参考文献3を参照

◤PX評価に基づく質改善手法②

Experience Based Co-design (EBCD) 

PX評価の結果をもとに、患者・住民と医療者が協働して質改善を行う手法です。

EBCDでは、患者はデータソースだけではなく、質改善チームの一員です。

 EBCDの6ステップ

  1. プロジェクトの立ち上げ

  2. インタビューと観察を通して、スタッフのエクスペリエンスを評価

  3. インタビューを通して、患者・介護者のエクスペリエンスを評価

  4. スタッフと患者・介護者でサービスのエクスペリエンスを共有し、改善の優先課題を特定

  5. 患者とスタッフで構成される小グループが、3〜4か月かけて特定された優先課題(通常4〜6つ)に取り組む

  6. プロジェクトの総括

→詳細は参考文献4を参照

当サイト運営者が世話人を務める日本ペイシェント・エクスペリエンス (PX)研究会では、PXの評価・向上を担う人材の育成を目的とし、

PXE(Patient eXperience Expert)養成講座を開講しています。

 

 

参考文献

  1. Friedberg MW, SteelFisher GK, Karp M, Schneider EC. Physician groups’ use of data from patient experience surveys. J Gen Intern Med. 2011;26(5):498-504. 

  2. Agency for Healthcare Research and Quality. CAHPS Ambulatory Care Improvement Guide. https://www.ahrq.gov/sites/default/files/wysiwyg/cahps/quality-improvement/improvement-guide/cahps-ambulatory-care-guide-full.pdf

  3. 迫田勝明ほか. 図解シックスシグマ流 “強い現場”をつくる「問題解決型」病院経営. 日本医療企画. 2006.

  4. Robert G, Cornwell J, Locock L, Purushotham A, Sturmey G, Gager M. Patients and staff as codesigners of healthcare services. BMJ. 2015;350:g7714.

 

©2020 by Takuya Aoki
当サイトの内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。