top of page

PXに関する日本発の論文・発表・出版物

Research articles, presentations, and publications

◤論文

  1. Inaba T, Haruta J, Goto R, Maeno T. Association Between Varicella-Zoster Virus Vaccination and Patient Experience in Elderly Japanese Outpatients: A Case-Control Study. J Prim Care Community Health. 2023;14:21501319231192760.

  2. 木村 琢磨, 松村 真司, 川越 正平. 我が国における在宅医療の質評価. 日本在宅医療連合学会誌. 2023;4(4):16-23.

  3. Aoki T, Sugiyama Y, Mutai R, Matsushima M. Impact of Primary Care Attributes on Hospitalization During the COVID-19 Pandemic: A Nationwide Prospective Cohort Study in Japan. Ann Fam Med. 2023;21(1):27-32.

  4. Nakayama G, Masumoto S, Haruta J, Maeno T. Association between family caregivers’ primary care experience when they report as patients and their stress related to caregiving: A pilot cross‐sectional study. J Gen Fam Med. Published online June 13, 2023. doi:10.1002/jgf2.631

  5. Masumoto S, Nakayama G, Haruta J, Maeno T. Association between experience of interprofessional care and self-medication among family caregivers: A cross-sectional study. Res Social Adm Pharm. Published online January 10, 2023. doi:10.1016/j.sapharm.2023.01.005

  6. Hayashi S, Shirahige Y, Fujioka S, Tsugihashi Y, Iida H, Hirose M, Yasunaka M, Kurita N, ZEVIOUS Group. Relationship between patient-centred care and advance care planning among home medical care patients in Japan: the Zaitaku evaluative initiatives and outcome study. Family Practice. 2023;40(2):211-217.

  7. Nakayama G, Masumoto S, Haruta J, Maeno T. Family caregivers’ experience with healthcare and social care professionals and their participation in health checkups: A cross sectional study in Japan. J Gen Fam Med. 2023;24(2):110-118.

  8. Inata Y, Nakagami-Yamaguchi E. Translating and validating the Child Hospital Consumer Assessment of Healthcare Providers and Systems Survey in Japan. Pediatr Int. 2023;65(1):e15445.

  9. 青木 拓也. Patient Experience(PX)評価の意義と展望. 医療の質・安全学会誌. 2022;17(4):393-398.

  10. Iwakuma M, Aoki T, Morishita M. Patient experience (PX) among individuals with disabilities in Japan: a mixed-methods study. BMC Prim Care. 2022;23:183.

  11. Aoki T, Fujinuma Y, Matsushima M. Patient experience of residents with restricted primary care access during the COVID-19 pandemic. Fam Med Community Health. 2022;10:e001667.

  12. Kaneko M, Okada T, Aoki T, Inoue M, Watanabe T, Kuroki M, Hayashi D, Matsushima M. Development and validation of a Japanese version of the person-centered primary care measure. BMC Prim Care. 2022;23:112. 

  13. 中山 元, 舛本 祥一, 春田 淳志, 前野 哲博. 訪問看護サービス利用の有無と, 家族介護者からみた多職種によるケアの質評価との関連. 日本老年医学会雑誌. 2022;59(2):209-218.

  14. Aoki T, Fujinuma Y, Matsushima M. Usual source of primary care and preventive care measures in the COVID-19 pandemic: a nationwide cross-sectional study in Japan. BMJ Open. 2022;12:e057418.

  15. Aoki T, Fujinuma Y, Matsushima M. Associations of primary care structures with polypharmacy and patient-reported indicators in patients with complex multimorbidity: a multicentre cross-sectional study in Japan. BMJ Open. 2022;12:e054348.

  16. Aoki T, Taguchi K, Hama E. Development and psychometric properties of the Japanese Consumer Assessment of Healthcare Providers and Systems Clinician & Group Survey (CG-CAHPS). PLoS One. 2021;16(4):e0250843.

  17. Kinoshita H, Aoki T【equally contributed】, Motoki H, Wakita T, Onishi Y, Watanabe-Fujinuma E, Kuwahara K. Patient journey and disease-related burden in Japanese patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension: A mixed methods study. Value Health Reg Issues. 2021;24(C):17-23.

  18. Kijima T, Matsushita A, Akai K, et al. Patient satisfaction and loyalty in Japanese primary care: a cross-sectional study. BMC Health Serv Res. 2021;21(1):1-12.

  19. Aoki T, Yamamoto Y, Nakata T. Translation, adaptation, and validation of the Hospital Consumer Assessment of Healthcare Providers and Systems (HCAHPS) for use in Japan: A multicenter cross-sectional study. BMJ Open. 2020;10(11):e040240. 

  20. Nakayama G, Masumoto S, Haruta J, Maeno T. The Influence of Family Caregivers' Experience of Interprofessional Care on Their Participation in Health Checkups as Preventive Health Behavior in Japan-A Cross-Sectional Analysis. Int J Environ Res Public Health. 2020;18(1):223.

  21. Kaneko M, Aoki T【equally contributed】, Goto R, Ozone S, Haruta J. Better Patient Experience is Associated with Better Vaccine Uptake in Older Adults: Multicenterd Cross-sectional Study. J Gen Intern Med. 2020;35(12):3485-91.

  22. Sato K, Michinobu R, Kusaba T. Mixed methods study protocol to examine perceptions of family medicine among long-term patients of a family medicine clinic in Japan. BMJ Open. 2020;10:e037113. 

  23. Nakayama G, Masumoto S, Haruta J, Maeno T. The influence of family caregivers’ experience of interprofessional care on their participation in health checkups as preventive health behavior in japan-A cross-sectional analysis. Int J Environ Res Public Health. 2020;18(1):223.

  24. Nakayama G, Masumoto S, Haruta J, Maeno T. Measuring family caregivers’ experience of interprofessional care for patients and families: development of the Japanese version of the Caregivers’ Experience Instrument. Fam Pract. 2020;37(6):854-86.

  25. Aoki T, Fukuhara S, Yamamoto Y. Development and validation of a concise scale for assessing patient experience of primary care for adults in Japan. Fam Pract. 2020;37(1):137-142. 

  26. Aoki T, Yamamoto Y, Fukuhara S. Comparison of primary care experience in Hospital-based practices and community-based office practices in Japan. Ann Fam Med. 2020;18(1):24-29. 

  27. Aoki T, Fukuhara S. Associations of types of primary care facilities with adult vaccination and cancer screening in Japan. Int J Qual Heal care  J Int Soc Qual Heal Care. 2020;32(6):373-378. 

  28. Aoki T, Yamamoto Y, Ikenoue T, et al. Social isolation and patient experience in older adults. Ann Fam Med. 2018;16(5):393-398. 

  29. 青木 拓也, 田口 空一郎. プライマリ・ケア施設の第三者評価: 諸外国の現状と我が国への示唆. 日本プライマリ・ケア連合学会誌. 2018;41(4):179-183.

  30. Kijima T, Akai K, Matsushita A, et al. Development of the Japanese version of the general practice assessment questionnaire: Measurement of patient experience and testing of data quality 11 Medical and Health Sciences 1117 Public Health and Health Services. BMC Fam Pract. 2018;19(1):181.

  31. 日本医師会総合政策研究機構. 第6回 日本の医療に関する意識調査. 日医総研ワーキングペーパー. 2017-07-11.

  32. Aoki T, Inoue M. Association between health literacy and patient experience of primary care attributes: A cross-sectional study in Japan. PLoS One. 2017;12(9):e0184565. 

  33. Aoki T, Miyashita J, Yamamoto Y, et al. Patient experience of primary care and advance care planning: A multicentre cross-sectional study in Japan. Fam Pract. 2017;34(2):206-212. 

  34. Inoue M. Improving Quality of Care through Primary Care Research. J Gen Fam Med. 2016;17(4):267-269. 

  35. Aoki T, Inoue M, Nakayama T. Development and validation of the Japanese version of Primary Care Assessment Tool. Fam Pract. 2016;33(1):112-117. 

  36. 青木 拓也. プライマリ・ケアの質評価-患者経験を中心として. 日本プライマリ・ケア連合学会誌. 2015;38(1):40-44.​​

◤学会発表・講演等

  1. 青木 拓也. 多疾患併存状態(マルチモビディティ)の診療におけるプライマリ・ケアの役割. 第30回ヘルスリサーチフォーラム 2023年12月.

  2. 青木 拓也. 患者協働と患者経験価値 (PX) 、プライマリ・ケアのPX尺度JPCATについて、PXを活用した質改善活動. 北海道家庭医療学センター 患者中心の質改善勉強会 2023年12月.

  3. 荒神 裕之, 青木 拓也, 田中 和美, 栗原 健, 井上 恵子, 安本 有佑, 北村 温美, 吉田 智美. 【日本プライマリ・ケア連合学会共催企画】 医療安全管理者におくる、Patient Engagementの実践に向けてのガイド. 第18回医療の質・安全学会学術集会 2023年11月.

  4. 荒神 裕之, 山内 桂子, 小松 康宏, 対馬 義人, 青木 拓也, 鈴木 信行. 患者・家族の医療への参画(Patient Family Engagement: PFE)~これまでとこれから~. 医療安全全国フォーラム2023 2023年11月.

  5. 青木 拓也. 家庭医/総合診療医が行う研究について〜家庭医療/総合診療領域でいかに知を産み出していくか〜. 奈良県総合診療専門研修プログラム委員会講演会 2023年11月.

  6. 金子 惇, 青木 拓也, 小曽根 早知子, 安藤 崇之. 研究のストーリーに触れて、自分だけのProgram of Researchを見つけよう! 日本プライマリ・ケア連合学会 第20回秋季生涯教育セミナー 2023年9月.

  7. 青木 拓也. PXの評価と分析. 日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会 PXE養成講座 2023年8月.

  8. 青木 拓也, 居安 綾子, 石原 八重子, 井上 恵子, 岩屋 紀子, 榎本 貴一, 柏木 秀行, 木村 泰, 栗原 健, 小坂 鎮太郎, 安本 有佑, 吉田 智美, 山口 章江, 丹野 清美. Be a patient engagement facilitator ! (患者協働ファシリテーターになろう!) . 第14回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2023年5月.

  9. 大平 善之, 横川 大樹, 鋪野 紀好, 塚本 知子, 野田 和敬, 上原 孝紀, 生坂 政臣, 池上 亜希子. 大病院受診患者の受療行動と主治医の質に関する調査研究. 第14回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2023年5月.

  10. 青木 拓也. COVID-19パンデミックにおける住民の受療行動とその要因の解明. 第31回日本医学会総会 2023年4月. 【日本医学会総会奨励賞受賞】

  11. 青木 拓也. 糖尿病診療におけるPXの価値とは. 糖尿病のPatient Journeyを考える会 2023 2023年4月.

  12. 青木 拓也. 医療の質・安全における新たな潮流:患者協働とPX. 第17回東京都病院学会 2023年2月.

  13. 青木 拓也, 栗原 健, 小坂 鎮太郎, 安本 有佑, 吉田 智美, 井上 恵子, 山口 章江. 多職種で実践!患者協働促進ツール!Japanese Patient Engagement Promotion Tool(J-PEPT). 北海道プライマリ・ケア オンラインフォーラム 2023年2月.

  14. 青木 拓也, 吉田 秀平, 阿部 計大, 濱田 治. 日本において「総合診療の価値」はどこまで明らかになっているか〜ヘルスサービス研究. Primary Care Research Connect 第4回年次集会 2022年12月.

  15. 小泉 俊三, 青木 拓也, 稲田 雄, 小坂 鎮太郎, 小松 康宏, 藤井 弘子. 患者中心性の質指標:患者経験/患者の旅路(PX/PJ)を用いていかに医療の質や安全性を改善するべきか?. 第17回医療の質・安全学会学術集会 2022年11月.

  16. 安藤 潔, 青木 拓也, 曽我 香織, 小坂 鎮太郎, 出江 紳一. 患者中心性を評価するペイシェント・エクスペリエンス. 患者・家族メンタル支援学会 第6回学術総会 2022年11月.

  17. 青木 拓也.  患者視点の質指標 Patient Experience: PXと活用. 日本マーケティング学会 第11回マーケティングカンファレンス2022 2022年10月.

  18. 青木 拓也.  患者満足度の先へ~Patient Experience (PX)の評価と活用. 第60回日本医療・病院管理学会学術総会 2022年9月.

  19. 青木 拓也.  Patient Experience (PX)とは何か〜患者満足度を越えて〜. 東京青年医会 早朝勉強会 2022年8月.

  20. 青木 拓也. PXの評価と分析. 日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会 PXE養成講座 2022年8月.

  21. 青木 拓也, 藤井 弘子, 小坂 鎮太郎, 栗原 健. 患者のエクスペリエンス/ジャーニーを医療の質向上にどう活かすか. 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年6月.

  22. 中山 元, 舛本 祥一, 春田 淳志, 前野 哲博. 家族介護者が患者として経験するプライマリ・ケアの質は介護負担感と関連するのか. 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年6月.

  23. 稲葉 崇, 後藤 亮平, 春田 淳志, 前野 哲博. 定期通院している高齢者の帯状疱疹ワクチン接種と患者経験 (Patient Experience)とは関連するのか?~症例対照研究~. 第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022年6月.

  24. 青木 拓也. ジェネラリストのための臨床研究入門. 地域医療振興協会 セミナー 2021年12月.

  25. 青木 拓也. あなたの研究に最適な「測定尺度」の選び方. Primary Care Research Connect 第3回年次集会 2021年12月.

  26. 青木 拓也. PXとPS. 日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会 PXE養成講座 2021年9月.

  27. 青木 拓也. 患者視点の医療の質指標:PXとは何か. QOL/PRO研究会 第15回セミナー 2021年7月.

  28. Narumoto K, Miyazaki K, Inoue M, Kaneko M, Okada T, Sugimura M. Help-seeking intentions for women’s health issues and patient experience in primary care in Japan: a mixed methods study. The 12th Annual Conference of Japan Primary Care Association 2021年5月.

  29. 久田 祥雄, 八坂 亜季, 雨森 正記, 杉岡 隆, 東野 克巳. JPCATを用いた交代制のへき地診療所と巡回診療所の比較:単施設観察研究. 第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2021年5月.

  30. 青木 拓也. Patient Experience(PX) を用いた医療の質評価・改善. 第2回 医療の質向上のためのコンソーシアム 2021年2月.

  31. 青木 拓也. HCAHPS日本語版の開発・検証と分析事例. 第3回PXフォーラム 2020年12月.

  32. 青木 拓也. PXとPS. 日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会 PXE養成講座 2020年10月.

  33. 松本 正俊, 松島 雅人, 井上 和男, 川本 龍一, 山梨 啓友, 青木 拓也. 論文の質量を高める:high volume academic GPへの道. 第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2020年8月.

  34. 中山 元, 舛本 祥一, 春田 淳志, 前野 哲博. 家族介護者からみた多職種によるケアの質を評価する尺度の開発. 第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2020年8月. 【日野原賞受賞】

  35. 佐藤 弘太郎, 道信 良子, 草場 鉄周. 家庭医療の専門性に対する患者の認識とその変化 (第一報). 第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2020年8月.

  36. 鳴本 敬一郎, 阿部 路子, 宮崎 景, 井上 真智子, 金子 惇, 岡田 唯男, 杉村 基. プライマリ・ケアにおける女性特有の健康問題の分布と援助要請意図:混合型研究. 第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2020年8月.

  37. 佐野 瑛子, 尾崎 真, 佐藤 弘太郎. 祖父母と家庭医療診療所の継続性が孫のかかりつけ医療機関選択に与える影響. 第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2020年8月.

  38. 青木 拓也. 患者経験(PX)の重要性と改善. 板橋中央総合病院 Meet the expert 2020年8月. 

  39. 青木 拓也. プライマリ・ケア質評価の取り組み:Quality Indicator測定におけるPatient Engagement. 第14回医療の質・安全学会学術集会 2019年11月.

  40. 濱口 杉大, 山本 舜悟, 片岡 裕貴, 宮下 淳, 青木 拓也. 臨床研究の方法論における各学会のストレン グス. 米国内科学会日本支部年次総会2019 2019年6月.

  41. 青木 拓也. PXとPS. 日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会 PXE養成講座 2019年6月.

  42. Aoki T. Primary care system and research activities in Japan. WONCA Asia Pacific Regional Conference 2019 2019年5月.

  43. Iwakuma M, Aoki T. Patient Experience of Japanese people with Disabilities. WONCA Asia Pacific Regional Conference 2019 2019年5月.

  44. Helen Susan Crawley, et al. Practical tools for local, self-directed quality improvement in primary care practice. WONCA Asia Pacific Resional Conference 2019 2019年5月.

  45. 金子 惇, 青木 拓也, 後藤 亮平, 小曽根 早知子, 春田 淳志, プライマリ・ケアにおける高齢患者のPatient Experienceと予防接種実施との関連:PROGRESSデータベース分析. 第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2019年5月. 

  46. 青木 拓也, 山本 洋介, 福原 俊一. 短縮版Japanese version of Primary Care Assessment Toolの開発と検証:PROGRESSデータベース分析. 第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2019年5月.

  47. 医療の質・患者安全委員会. インタラクティブセッション 医療の質・患者安全に関する啓発的セッション. 第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2019年5月.

  48. 青木 拓也. 家庭医療・総合診療と臨床研究. 家庭医療・総合診療と臨床研究. 2019年2月.

  49. 青木 拓也. 医療・介護の質評価:「患者満足度」から「患者経験」へ. 日本医療福祉生協連事業所利用責任者会議. 2019年2月.

  50. 中野 光司, 幡手 泰彦, 三浦 源太. プライマリ・ケアの質に関する多施設サーベイランスに参加して. 大分県国保学会 2018年11月.

  51. 青木 拓也. 研究におけるジェネラリズムの発揮. 日本プライマリ・ケア連合学会 専門医部会フォーラム2018 2018年11月.

  52. Kaneko M, Aoki T, Funato M, Yamashiro K, Kuroda K, Kuroda M, Saishoji Y, Sakai T, Yonaha S, Motomura K. Does Better Patient Experience Reduce Admissions for Ambulatory Care Sensitive Conditions? Multicentered Prospect Cohort Study in Isolated Islands. North American Primary Care Research Group 46nd Annual Meeting 2018年11月.  

  53. Goto R, Haruta J, Ozone S. Patient Experience of Primary Care Attribute: A Cross-Sectional Study in Clinics and a Small Hospital in Japan. North American Primary Care Research Group 46nd Annual Meeting 2018年11月.  

  54. 青木 拓也. PXの測定と活用:国内外の事例の紹介. 第1回PXフォーラム 2018年11月.

  55. 岩隈 美穂. 障がい者の高齢化:アンケートとインタビューによるミクストメソッド調査. 第41回総合リハビリテーション研究大会 2018年10月.

  56. Aoki T. Current situation and future perspective of primary care research in Japan. WONCA World Conference 2018 2018年10月.    

  57. 青木 拓也. 患者視点の医療の質指標:Patient Experience (PX). 第113回近畿病歴管理セミナー 2018年6月. 

  58. 髙栁 宏史, 長嶺由衣子, 青木 拓也, 金子 惇, 神廣 憲記, 大倉 佳宏. 日本におけるプライマリ・ケアのための臨床データベース構築にむけて. 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年6月.

  59. 任 明夏, 春田 淳志, 後藤 亮平, 小曽根 早知子, 浜野 淳. プライマリ・ケア質評価尺度を用いた、診療所・小病院の施設間比較と分析. 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年6月.

  60. 上田 篤志, 後藤 亮平, 春田 淳志, 小曽根 早知子, 浜野 淳. 診療所・小病院における医療従事者が認識する多職種連推進プロセスの探索:ホラクラシー型地域への変容携協働と患者が捉えるプライマリ・ケアの質との関連. 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年6月.

  61. 金子 惇, 青木 拓也, 本村 和久, 太田 龍一, 森 英毅, 松澤 廣希, 島袋 彰. プライマリ・ケアにおける Patient Experience が入院及び救急室受診に及ぼす影響:多施設前向きコホート研究. 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年6月.

  62. 宮﨑 景. 診療所における COPC の試み~トランスレーショナルリサーチ 第一報. 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年6月.

  63. 柴垣 有吾, 青木 拓也, 福原 俊一. 内科における患者報告型アウトカム(PRO)測定の意義と活用. 米国内科学会日本支部年次総会2018 2018年6月.

  64. 青木 拓也. プライマリ・ケア第三者評価制度の国際比較. 医療の質に関する研究会シンポジウム 2018年5月.

  65. 青木 拓也. プライマリ・ケアにおけるPXの活用〜実践と研究の両輪〜. PX研究会 2018年5月.

  66. 青木 拓也. 患者中心の医療:「患者満足度」から「患者経験」へ. 日本医療福祉生協連利用者委員会. 2018年2月. 

  67. 青木 拓也. プライマリ・ケアの質がポリファーマシーに及ぼす影響. 第24回ヘルスリサーチフォーラム 2017年12月.

  68. 青木 拓也, 金子 惇, 山本 洋介, 池之上 辰義, 喜瀬 守人, 藤沼 康樹, 福原 俊一. プライマリ・ケアにおける Patient Experience(PX)がケアのバイパスに及ぼす影響. 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2017年5月. 【日野原賞受賞】

  69. 医療の質・患者安全委員会. 教育講演 医療の質・患者安全についての基本的知識. 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2017年5月.

  70. 北海道家庭医療学センター. WS あなたの診療所はホントに「いい診療所」? ~診療所の質評価から改善までやってみよう~.  第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2017年5月.

  71. 福井 慶太郎, 草場 鉄周, 山田 康介, 佐藤 弘太郎. 8つのプライマリ・ケア診療所での横断的な質改善活動. 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2017年5月.

  72. 志田 幸太, 宮﨑 景. 診療所における診療の質改善プロジェクト JPCATを用いて患者中心性の質を評価、改善する 第一報. 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2017年5月.

  73. 青木 拓也. 医療・介護の質改善に「患者視点のQI」をいかに活用するか. 医療福祉生協連QI研修会. 2017年1月.

  74. Aoki T, Miyashita J, Yamamoto Y, Ikenoue T, Kise M, Fujinuma Y, Fukuhara S. Association between Social Isolation and Patient Experience in Elderly People: A Multicenter Cross-Sectional Study of Primary Care in Japan. North American Primary Care Research Group 44nd Annual Meeting 2016年11月.

  75. Aoki T, Inoue M. Comprehensive Primary Care is Associated with Patient’s Health Literacy: A Population-based Study in Japan. North American Primary Care Research Group 44nd Annual Meeting 2016年11月.

  76. 医療の質・安全委員会WS. 第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2016年6月.

  77. 青木 拓也, 井上 真智子. 患者経験に基づくプライマリ・ケアの質と女性の癌検診受診との関連. 第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2016年6月. 

  78. 青木 拓也. 患者経験に基づくプライマリ・ケアの質評価. 医療の質に関する研究会シンポジウム. 2016年5月.   

  79. 診療所質改善WS. 第11回日本プライマリ・ケア連合学会 秋季生涯教育セミナー 2015年11月.

  80. Aoki T, Inoue M. Impact of Primary Care Quality Assessed by Patient Experience on Self-rated Health and Cancer Screening Uptake in a Japanese Population. North American Primary Care Research Group 43nd Annual Meeting 2015年10月.

  81. 青木 拓也. プライマリ・ケア現場で使える質評価・質改善ツール. 地域医療エキスパート塾. 2015年9月. 

  82. 青木 拓也, 井上 真智子, 中山 健夫. 日本におけるプライマリ・ケア質評価尺度の開発. 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2015年6月. 【日野原賞受賞】

  83. 青木 拓也. 日本におけるプライマリ・ ケア質評価の可能性. 東京大学プライマリケア研究会. 2014年12月. 

  84. 青木 拓也, 井上 真智子. プライマリ・ケアの質評価尺度に関する文献検討. 第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2014年5月.

◤出版物

  1. 一般社団法人日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会. ペイシェント・エクスペリエンス─日本の医療を変え、質を高める最新メソッド. 三輪書店. 2023.

  2. 青木 拓也. プライマリ・ケアにおける診療の質の評価と改善. medicina 2022年10月号. 医学書院.

  3. 青木 拓也. 現代的SDHのトピックと対応法への示唆:社会的孤立. 日本医事新報 2022年10月22日号. 日本医事新報社.

  4. 青木 拓也. 多施設共同研究を実践するためのネットワーキング. JUGLERブック 若手指導医1年目の教科書. メディカルサイエンスインターナショナル. 2022.

  5. 公益財団法人日本医療機能評価機構 医療の質向上のための体制整備事業. 医療の質指標基本ガイド ~質指標の適切な設定と計測~. 2022.

  6. 青木 拓也. 大局大説 今日本に求められるプライマリ・ケア機能の強化. 健康保険 2022年4月号. 健康保険組合連合会.

  7. 青木 拓也. サーベイ研究の解説−測定を科学する−. 実例から学ぶ! 臨床研究は「できない」が「できる! 」に変わる本. 羊土社. 2021.

  8. 青木 拓也. 研究に関する能力開発. 日本プライマリ・ケア連合学会 基本研修ハンドブック 第3版. 南山堂. 2021.

  9. 青木 拓也. Patient Experience (PX)に関する研究. プライマリ・ケアの理論と実践. 日本医事新報社. 2021.

  10. 青木 拓也. 医療の質指標“PX”とは何か:活用の現況や入院患者における評価の仕方,向上の方策. Hospitalist Vol.8 No.4. メディカルサイエンスインターナショナル. 2020.

  11. 青木 拓也. 一流雑誌に「研究論文」を載せ続けるために私が意識していること. 総合診療 2021年5月号. 医学書院.

  12. 青木 拓也. clinician-researcherというキャリア. 治療 2020年8月号. 南山堂.

  13. 座談会 「ペイシェント・エクスペリエンス(PX)」が医療現場にイノベーションを起こす 先駆的取り組みから医療機関におけるPX活用の方策を探る. 看護管理 2019年10月号. 医学書院.

  14. 青木 拓也. Patient Experience(PX)に関する研究─国際的に注目を集める患者視点の医療の質指標. 日本医事新報 2019年8月17日号. 日本医事新報社.

  15. 青木 拓也. 日本における診療所プライマリ・ケアの質を評価する. 新・総合診療医学 診療所 総合診療医学編 第3版. カイ書林. 2019.

  16. 青木 拓也. プライマリ・ケア言始め ケアの経験(patient experience:PX)を測定する②. プライマリ・ケア 2019年秋号.プリメド社.

  17. 青木 拓也. プライマリ・ケア言始め ケアの経験(patient experience:PX)を測定する①. プライマリ・ケア 2019年夏号.プリメド社.

  18. 青木 拓也. PXの測定と活用. 医事業務 2019年2月1日号. 産労総合研究所.

  19. 青木 拓也. プライマリ・ケアの質に関する研究 ─ヘルスサービス研究─. 治療 2018年7月号. 南山堂.

  20. 青木 拓也. 若手研究者が見た研究の世界. プライマリ・ケア 2017年秋号. プリメド社.

  21. 青木 拓也. 医療・介護の質改善に「患者視点のQI」をいかに活用するか. Review and Research. 日本医療福祉生協連. 2017.

  22. 青木 拓也. 臨床研究の道標 総合診療各論編 プライマリ・ケアの質を測る. Primaria 2016年2月号.

◤メディア

  1. かかりつけ医機能の強化によって期待される効果とは 国内外のエビデンスを踏まえて. 週刊医学界新聞. 2023年10月30日.

  2. かかりつけ医機能が高い医師を持つ人ほど入院リスクが低下. 日経メディカル. 2023年7月19日.

  3. かかりつけ医機能高いほど入院リスク減、慈恵医大らの研究. m3.com. 2023年2月24日.

  4. かかりつけ医機能が高いほどコロナ禍での入院リスク が低下 〜高いかかりつけ医機能を発揮する医師を持つと入院 リスクが約6割減少〜. 時事メディカル. 2023年1月24日.

  5. 第13回日本プライマリ・ケア連合学会開催. 週刊医学界新聞. 2022年7月4日.

  6. かかりつけ医の有無でパンデミック中の予防医療実施率に有意差. 日経BP Beyond Health. 2022年5月17日.

  7. 患者経験価値という概念、ご存じですか? 「患者満足度調査」を超える新しい手法. Medical Tribune. 2018年12月17日.

  8. Patient Experience (PX) を用いたプライマリ・ケアの質評価・改善. 週刊医学界新聞. 2017年8月7日.

  9. プライマリ・ケアの新指標「PX」の効果確認 医療資源の適正利用を促す効果も期待. 日経メディカル. 2017年5月17日.

  10. 日本のプライマリ・ケア質評価尺度JPCATを開発. Medical Tribune. 2015;48(30,31):8.

bottom of page