PXとは

What is PX (Patient Experience)?

 

◤PXの定義

 PXは、「患者(住民)が、ケアプロセスの中で経験する事象」と定義することができます。

 PXは、患者中心性(patient-centeredness)と関係が深い医療の質指標です。患者中心性は医療の質の重要な構成要素であり、「患者の意向・ニーズ・価値を尊重した医療の提供」を意味します。

 PXは、患者・住民が評価の主体となる医療の質指標です。

→詳細は参考文献1,2を参照

◤PXとPS (患者満足度)との違い

①測定する概念の違い

 PXは「経験」を、PSは「満足」を評価するため、測定する概念として、PXの方が、より具体性が高いとされます。

評価の科学性

 PXとPSは、どちらも尺度(複数の項目から成る質問紙)を用いて測定することが一般的ですが、PS尺度は、妥当性(測りたい概念を厳密に測定することが可能か)が担保されていないという大きな問題を抱えていました。

 一方、PX尺度は、標準化され、計量心理学的手法によって測定の妥当性が検証されています。

 このように、PXは、具体性、評価の科学性、利用可能性などにおいてPSより優れており、「PSを超えた指標」とされています。

◤PXの歴史

 医療の質の定義と評価方法を体系化したDonabedianは、医療の質指標を①技術的指標(客観的指標)②対人関係的指標(主観的指標)に分類しました。しかし、1980年代まで、医療分野には、患者の持つ主観を定量的に評価する方法論(計量心理学)が導入されておらず、PSが指標として用いられていました。

 1990年代に入り、ピッカー・コモンウエルス・プログラムによるPX調査活動が先駆けとなり、米国や英国を中心に、PXの評価手法に関する研究が活発化しました。

 現在では、PXが医療の質指標として国際的に広く浸透しています。

→詳細は参考文献3-6を参照

◤PXが患者の健康に及ぼす影響

 これまでの多くの研究により、PXが、臨床プロセス(慢性疾患の臨床指標、癌検診や予防接種などの予防医療など)と関連することに加え、患者アドヒアランス、セルフマネジメント、受療行動(救急外来利用、頻回入院、長期入院など)といった患者行動を通して、患者の健康アウトカムに影響を及ぼすことが分かっています。

 そのためPXは、集団の健康、最適な医療費と並んで医療の質のTriple Aim(3つの大目標)に掲げられるほど、重視視される様になりました。

→詳細は参考文献7,8を参照

​◤PXの活用状況

 欧米を中心に、行政機関主導のPX調査が、全国的かつ経時的に幅広いセッティングで実施されており、各医療機関での継続的質改善のみならず、医療機関の認証(第三者評価)専門医認定・更新といった医療提供側の質の保証、診療報酬成果払い制度などに利用されています。

 PX評価の結果を、医療機関レベルや医師レベルでウェブサイトなどで公開し(パブリック・リポーティング)、患者の選択に利用している国も存在します。

​◤DXとPXの関係

 医療分野でもDX (Digital Transformation)が加速しつつあり、オンライン診療、IoT、ビッグデータ、AIなどの新たなサービスやテクノロジーが押し寄せています。

 DXは、単に医療の効率性を向上させるだけではなく、患者と医療との「関係性」に大きな変化をもたらします。この新たな関係性のあり方を模索する上で、PXの評価は必然です。つまり、医療分野における真のDXの推進には、「新たなサービスやテクノロジー」と「PXの評価と向上」の両輪が必要です。

 なお一般産業分野では、すでにCX (Customer Experience)の向上が、DXにおける最重要課題と広く認識されています。

 

参考文献

  1. Wolf J, Niederhauser V, Marshburn D, et al. Defining patient experience. Patient Exp J. 2014;1(1):7-19.

  2. Institute of Medicine. Committee on Quality of Health Care in America. Crossing the quality chasm: A new health system for the 21st century, National Academies Press, 2001.

  3. マーガレット・ガータイスほか. ‪ペイシェンツ・アイズ: ‪患者中心の医療・介護をすすめる七つの視点. 日経BP社. 2001.

  4. Donabedian A. Evaluating the quality of medical care. Milbank Mem Fund Q. 1966;44(3):166-203. 

  5. Donabedian A. The Quality of Care: How Can It Be Assessed? JAMA. 1988;260(12):1743-8. 

  6. Cleary PD. Evolving concepts of patient-centered care and the assessment of patient care experiences: Optimism and opposition. J Health Polit Policy Law. 2016;41(4):675-696. 

  7. Doyle C, Lennox L, Bell D. A systematic review of evidence on the links between patient experience and clinical safety and effectiveness. BMJ Open. 2013;3:e001570.

  8. Anhang Price R, Elliott MN, Zaslavsky AM, et al. Examining the role of patient experience surveys in measuring health care quality. Med Care Res Rev. 2014;71(5):522-54. 

 

©2020 by Takuya Aoki
当サイトの内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。